2種類のコーヒーメーカーの特徴を比較

コーヒーメーカーには、主に2種類のスタイルがあり、それぞれに長所が備わっています。



1種類目のコーヒーメーカーですが、レギュラーコーヒーの粉を入れる製品です。

専用の粉をドリップしてコーヒーを抽出する方式になっており、費用対効果に秀でています。

レギュラーコーヒーの粉はスーパーマーケット等で安く販売されていますし、メーカーごとに個性がありますので、自分の舌に合う製品を選べばオーケーでしょう。

酸味に特化したレギュラーコーヒーもありますし、甘い香りを醸し出す製品もあれば、雑味と苦味を表現した大人向けの商品もあります。
レギュラーコーヒー方式のコーヒーメーカーの気になる点は少し待ち時間が要る点ですが、一度多めに作っておけば、サーバーに貯めておけますので、欠点と感じる事は無いはずです。
次に2種類目のタイプですが、カプセル方式のコーヒーメーカーがあります。

レギュラーコーヒーを使う製品と比較すると、維持費が若干高めなのが玉に瑕ですが、最新型ですので、過去のモデルにはない色々なメリットがあります。

iemoの珍しい情報をご紹介しています。

まずカプセルにコーヒーの源が詰められたシンプルな物ですので、粉を注いだり、フィルターをセットしたり、長時間待たされる等の手間が不要です。


レギュラーコーヒーが完成するまでの時間とカプセルコーヒーが出来るまでの時間を比較すれば、断然後者の方が早いです。



またメンテナンスがカプセル方式の方は殆ど不要であり、故障やトラブルが少ない等の利便性の面でもメリットがありますので、それぞれ2種類のコーヒーメーカーを比較し、好きな方を買いましょう。